諫早市 昨年の観光客数274万人 過去最高

諫早市 昨年の観光客数274万人 過去最高 /長崎
毎日新聞2016年4月4日 地方版

 諫早市は、2015年に市内を訪れた観光客数が274万8938人で過去最高を更新したと発表した。14年も長崎がんばらんば国体の開催などで274万8634人と、当時過去最高を記録していた。

 15年の主な観光地の人出は、諫早公園の眼鏡橋19万6930人▽白木峰高原15万4864人▽のんのこ温水センター14万7646人−−など。今年の観光客誘致について市は「10月に開催されるねんりんピック長崎などを活用し、諫早の魅力を発信したい」としている。

観光客数
諫早市、最多の281万人 昨年 /長崎
毎日新聞2015年4月9日 地方版

 諫早市は昨年1年間の観光客数が約281万6000人(対前年比14・5%増)と過去最多を記録したと発表した。特に日帰り客は約219万7000人で対前年比18・3%の大幅増だった。

 市は要因として▽長崎がんばらんば国体・大会の開・閉会式と9競技が実施された▽昨年3月オープンの市美術・歴史館効果▽「のんのこ諫早まつり」などのイベントが天候に恵まれた▽V・ファーレン長崎のホームゲームなど特色ある観光資源−−などが考えられるとしている。

 日帰り客数の上位は(1)諫早公園(眼鏡橋)17万3764人(2)長崎がんばらんば国体15万964人(3)のんのこ温水センター13万8578人−−など。

 市は、国体などでの集客効果を維持するため、今年は諫早を代表する観光地やイベントの情報発信をし、スポーツコンベンションなどの誘致活動に力を入れたいとしている。

コメントを残す